総年俸トップのドジャース “金満球団”支える巧みな節税術

公開日: 更新日:

 1988年以来、26年ぶりの世界一を目指しているドジャース。西海岸の人気球団の強みはヤンキースをもしのぐ豊富な資金力だ。

 年俸総額は2年連続で200億円を超え、今季は2億4112万8000ドル(約262億8300万円)。ヤンキースの2億883万ドル(約227億6200万円)を抑えてメジャートップ。

 前オーナーのマッコート夫妻の放漫経営もあって、11年に一時はMLBが球団を運営したこともあった。名門球団に再建のメスが入ったのは、12年3月に元NBAの大スターであるマジック・ジョンソンを中心とする投資家グループが買収してから。ジョンソンらの球団幹部は、それまでの収益構造を改善。昨年1月にはケーブルテレビ大手のTWC社と放映権に関して14年から25年総額80億ドル(約8700億円)で契約した。単純計算で年間約348億円の放映権料が入る計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る