広島マエケン背信 評論家は「今メジャーに行っても勝てない」

公開日: 更新日:

 エースがすべてをブチ壊した。勝つか引き分けで球団初のクライマックスシリーズ本拠地開催が決まるはずだった昨6日の巨人との最終戦。先発した広島の前田健太(26)は、1─0の六回にまさかのボークで同点とされると、八回には2死無走者から一、二塁とされ、アンダーソンに2点適時二塁打を浴びてジ・エンド。試合後に「ファンの期待に応えられなかった」と涙を流した前田は8回を10安打3失点。逆転負けを喫した広島は、阪神に抜かれてリーグ3位。11日からのCSファーストステージは、甲子園で戦うことになった。

 前田はこのオフ、ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍が囁かれている。前田がマツダスタジアムで再び投げるためには、阪神と巨人をともに敵地で倒してリーグ優勝し、日本シリーズに進出するしかない。CS初開催という“置き土産”も残せず、何とも後味の悪い“本拠地最終登板”となってしまった。評論家・高橋善正氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  4. 4

    ボルボが撤退決断 本気の脱ディーゼルにかかるお値段とは

  5. 5

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  6. 6

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る