広島マエケン背信 評論家は「今メジャーに行っても勝てない」

公開日: 更新日:

 エースがすべてをブチ壊した。勝つか引き分けで球団初のクライマックスシリーズ本拠地開催が決まるはずだった昨6日の巨人との最終戦。先発した広島前田健太(26)は、1─0の六回にまさかのボークで同点とされると、八回には2死無走者から一、二塁とされ、アンダーソンに2点適時二塁打を浴びてジ・エンド。試合後に「ファンの期待に応えられなかった」と涙を流した前田は8回を10安打3失点。逆転負けを喫した広島は、阪神に抜かれてリーグ3位。11日からのCSファーストステージは、甲子園で戦うことになった。

 前田はこのオフ、ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍が囁かれている。前田がマツダスタジアムで再び投げるためには、阪神と巨人をともに敵地で倒してリーグ優勝し、日本シリーズに進出するしかない。CS初開催という“置き土産”も残せず、何とも後味の悪い“本拠地最終登板”となってしまった。評論家・高橋善正氏がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る