和田監督救った福留CS“虎の子”ソロ弾の計り知れない価値

公開日:  更新日:

 阪神の和田監督は、足を向けて寝られないだろう。

 広島を退けて球団初のCSファーストステージ突破。初戦に決勝のソロ本塁打を放つなど、攻守に光ったのが福留孝介(37)だ。今季で3年契約が切れる和田監督は10日に来季続投が正式に決まった。それでも広島に敗れてファーストステージで姿を消せば、ファンやスポーツマスコミは黙っちゃいなかったはずだ。広島とは1勝1分け。終わってみれば福留の本塁打が唯一の得点であり、初戦の勝利が大きくモノをいった。

 今季の福留は、開幕直後の3月30日の巨人戦で守備の際に二塁の西岡と交錯。西岡が鼻骨、肋骨骨折で入院生活を強いられた一方、自身も鎖骨骨折、肺挫傷の大ケガを負ったという。スイングするだけで激痛が走り、打率は1割台に低迷。痛みを隠してプレーを続けたのは、和田監督が治療に専念させることができなかったという事情もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る