「2年1億円」日高が引退 “ドンブリ勘定”阪神のカネあまり

公開日: 更新日:

 さすがは「東の巨人、西の阪神」と呼ばれるだけのことはある。

 3日に引退会見を行った阪神の日高剛(37)。
「プロである以上は一軍の戦力にならないと、と思っていた。でも、今季は1度しか一軍に上がれなかったので潮時かな」と語った。95年ドラフト3位でオリックスに入団。捕手一筋19年の選手生活に終止符を打った。

 それにしても、阪神のカネの使い方には驚かされる。今季、ルーキーの梅野が頭角を現すまで、阪神はここ数年、捕手難だった。だから10年オフに藤井(楽天)をFAで取り、12年オフにはオリックスからFA宣言した日高にも飛びついた。しかし、日高といえば打撃はともかく、捕手としては岡田監督(前オリックス)にも「日高は捕手として使いものにならん。リードを知らなさ過ぎる」と酷評されていたほど。そんな捕手を阪神は年俸5000万円の2年契約で獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る