「2年1億円」日高が引退 “ドンブリ勘定”阪神のカネあまり

公開日: 更新日:

 さすがは「東の巨人、西の阪神」と呼ばれるだけのことはある。

 3日に引退会見を行った阪神の日高剛(37)。
「プロである以上は一軍の戦力にならないと、と思っていた。でも、今季は1度しか一軍に上がれなかったので潮時かな」と語った。95年ドラフト3位でオリックスに入団。捕手一筋19年の選手生活に終止符を打った。

 それにしても、阪神のカネの使い方には驚かされる。今季、ルーキーの梅野が頭角を現すまで、阪神はここ数年、捕手難だった。だから10年オフに藤井(楽天)をFAで取り、12年オフにはオリックスからFA宣言した日高にも飛びついた。しかし、日高といえば打撃はともかく、捕手としては岡田監督(前オリックス)にも「日高は捕手として使いものにならん。リードを知らなさ過ぎる」と酷評されていたほど。そんな捕手を阪神は年俸5000万円の2年契約で獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る