「2年1億円」日高が引退 “ドンブリ勘定”阪神のカネあまり

公開日:  更新日:

 さすがは「東の巨人、西の阪神」と呼ばれるだけのことはある。

 3日に引退会見を行った阪神の日高剛(37)。
「プロである以上は一軍の戦力にならないと、と思っていた。でも、今季は1度しか一軍に上がれなかったので潮時かな」と語った。95年ドラフト3位でオリックスに入団。捕手一筋19年の選手生活に終止符を打った。

 それにしても、阪神のカネの使い方には驚かされる。今季、ルーキーの梅野が頭角を現すまで、阪神はここ数年、捕手難だった。だから10年オフに藤井(楽天)をFAで取り、12年オフにはオリックスからFA宣言した日高にも飛びついた。しかし、日高といえば打撃はともかく、捕手としては岡田監督(前オリックス)にも「日高は捕手として使いものにならん。リードを知らなさ過ぎる」と酷評されていたほど。そんな捕手を阪神は年俸5000万円の2年契約で獲得した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る