菅野復帰情報に非公開練習 巨人・原監督「かく乱作戦」の真意

公開日: 更新日:

 今年の巨人は「秘密」が多い。

 10日に東京ドームでCSに向けた練習を行った巨人は、1時間半ほど報道陣をシャットアウトし、サインプレーなどを確認した。前日も30分の非公開練習を行った原監督は「作戦をしっかり分かった上でプレーしないといけないから」と説明。11、12日に予定されているBCリーグ選抜との練習試合も六回以降は公開しない。連日の非公開練習は、これまでなかったことだ。

 ファイナルステージの先発は、第1戦は内海、第2戦は沢村が濃厚。3、4戦目が予定される杉内と小山は10日、まったく同じ調整を行い、報道陣をかく乱させた。

 CS、日本シリーズと続く短期決戦は情報戦といわれる。「正々堂々と胸を突き合わせて戦う」が口グセの原監督が、例年以上に神経を使っているのは、リーグ5位の.257の貧打に不安を感じているからに他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る