「右肘靱帯損傷」で今季絶望 巨人・菅野を壊した“真犯人”

公開日:  更新日:

 事態は予想よりはるかに悪かった。先発した2日のヤクルト戦で体の不調を訴え、わずか2回38球で降板した巨人のエース菅野智之(24)。都内の病院で精密検査を受けた結果、「右肘靭帯の部分損傷」と診断されたのだ。出場登録を抹消された菅野は、「ある程度は覚悟していた。いい状態ではないということは、投げていて分かっていたので」と硬い表情。気を取り直すように、「でも、自分は可能性を信じている。いつになるか分からないけど、自分の最短で上に上がりたい。それしか考えていない」と続けたが、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズでの登板は絶望的になった。

 前日の球団広報発表では「腰の違和感」が降板理由とされていた。それが、商売道具の右肘に故障が判明。本人はもちろん、原監督も大ショックだろうが、実は前兆があった。

「前回登板のときから、おかしいな、とは思っていた。特に真っすぐが本来のものではなく、まったく走っていなかった」と、セ球団某スコアラーがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る