20歳藤浪&37歳鶴岡 阪神「年の差バッテリー」の相乗効果

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎(20)が、CSファイナル初戦で巨人をねじ伏せた。

 初回に31球を要するなど、立ち上がりは苦しんだが、三回以降は最速157キロの直球を軸に立ち直った。七回、阿部にソロ弾を浴びて4-1となった直後、無死満塁の大ピンチもセペダを併殺打、井端を一飛に仕留めて冷静な男が珍しくガッツポーズ。7回1失点でまとめた若武者を和田監督は、「年々成長している感がある」と褒めたたえた。

 球威、キレは抜群なのに制球難に苦しむことが多い藤浪を好リードしたのが鶴岡だ。「逆球が多かったが藤浪は勢いが持ち味。細かいことを気にせずリードした。的が絞りづらかったと思う」と話した37歳のベテランは、四回には藤浪が被打率.306と苦手とする左打者のアンダーソンに5球連続でカットボールを要求。うち4球は内角球で、最後は内角低めで三振を奪うなど持ち味を存分に引き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る