20歳藤浪&37歳鶴岡 阪神「年の差バッテリー」の相乗効果

公開日:  更新日:

 阪神の藤浪晋太郎(20)が、CSファイナル初戦で巨人をねじ伏せた。

 初回に31球を要するなど、立ち上がりは苦しんだが、三回以降は最速157キロの直球を軸に立ち直った。七回、阿部にソロ弾を浴びて4-1となった直後、無死満塁の大ピンチもセペダを併殺打、井端を一飛に仕留めて冷静な男が珍しくガッツポーズ。7回1失点でまとめた若武者を和田監督は、「年々成長している感がある」と褒めたたえた。

 球威、キレは抜群なのに制球難に苦しむことが多い藤浪を好リードしたのが鶴岡だ。「逆球が多かったが藤浪は勢いが持ち味。細かいことを気にせずリードした。的が絞りづらかったと思う」と話した37歳のベテランは、四回には藤浪が被打率.306と苦手とする左打者のアンダーソンに5球連続でカットボールを要求。うち4球は内角球で、最後は内角低めで三振を奪うなど持ち味を存分に引き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る