20歳藤浪&37歳鶴岡 阪神「年の差バッテリー」の相乗効果

公開日:  更新日:

 阪神の藤浪晋太郎(20)が、CSファイナル初戦で巨人をねじ伏せた。

 初回に31球を要するなど、立ち上がりは苦しんだが、三回以降は最速157キロの直球を軸に立ち直った。七回、阿部にソロ弾を浴びて4-1となった直後、無死満塁の大ピンチもセペダを併殺打、井端を一飛に仕留めて冷静な男が珍しくガッツポーズ。7回1失点でまとめた若武者を和田監督は、「年々成長している感がある」と褒めたたえた。

 球威、キレは抜群なのに制球難に苦しむことが多い藤浪を好リードしたのが鶴岡だ。「逆球が多かったが藤浪は勢いが持ち味。細かいことを気にせずリードした。的が絞りづらかったと思う」と話した37歳のベテランは、四回には藤浪が被打率.306と苦手とする左打者のアンダーソンに5球連続でカットボールを要求。うち4球は内角球で、最後は内角低めで三振を奪うなど持ち味を存分に引き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る