FA補償で鶴岡獲得…阪神に懸念される「捕手余り」の悪影響

公開日: 更新日:

「ホンマかいな!」
 阪神ファンも目を丸くしたんじゃないか。

 報じられていた通り、DeNAは6日、FAで獲得した久保康友(33)の人的補償として、鶴岡一成(36)の阪神移籍を発表した。

 阪神はこのオフ、久保とスタンリッジの両先発が他球団に流出したことで先発投手が手薄になった。当初は人的補償で小林太ら中堅投手を獲得する方針だとみられていた。

 一方、日本ハムからFA宣言した同姓の鶴岡(32)に食指を動かした経緯もある。結果的にソフトバンクに奪われたが、捕手の補強については、以前から坂井オーナーが強く要望していたという。年をまたいでDeNAからのリストを首っ引きで熟考した上で、鶴岡獲得という「どんでん返し」に至ったとみられる。

 それにしても、また捕手である。阪神は10年オフに藤井(37)を、12年オフには日高(36)をそれぞれFAで獲得した。そして今度は鶴岡だ。35歳を越えたロートル捕手がチームに3人も所属するなんて、めったにあるもんじゃない。そんな編成をすること自体が前代未聞だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る