日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA補償で鶴岡獲得…阪神に懸念される「捕手余り」の悪影響

「ホンマかいな!」
 阪神ファンも目を丸くしたんじゃないか。

 報じられていた通り、DeNAは6日、FAで獲得した久保康友(33)の人的補償として、鶴岡一成(36)の阪神移籍を発表した。

 阪神はこのオフ、久保とスタンリッジの両先発が他球団に流出したことで先発投手が手薄になった。当初は人的補償で小林太ら中堅投手を獲得する方針だとみられていた。

 一方、日本ハムからFA宣言した同姓の鶴岡(32)に食指を動かした経緯もある。結果的にソフトバンクに奪われたが、捕手の補強については、以前から坂井オーナーが強く要望していたという。年をまたいでDeNAからのリストを首っ引きで熟考した上で、鶴岡獲得という「どんでん返し」に至ったとみられる。

 それにしても、また捕手である。阪神は10年オフに藤井(37)を、12年オフには日高(36)をそれぞれFAで獲得した。そして今度は鶴岡だ。35歳を越えたロートル捕手がチームに3人も所属するなんて、めったにあるもんじゃない。そんな編成をすること自体が前代未聞だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事