日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WS初戦完敗でロイヤルズ連勝止まる 青木は攻守に“空回り”

 メジャーを代表する左腕投手が、快進撃を続けてきたロイヤルズに立ちはだかった。ジャイアンツのマディソン・バムガーナー(25)がワールドシリーズ第1戦に先発。7回を3安打1失点。今ポストシーズン(PS)3勝目をマークし、チームにシリーズ1勝目をもたらした。

 落差の大きい変化球を主体にロイヤルズ打線を手玉に取り、つけ入る隙を与えない。三回には満塁のピンチを招きながら、落ち着いて打ち取り、今PSで好調なロイヤルズ打線に仕事をさせない。七回、7番ペレスに一発を浴びたものの、エースらしい安定した投球でロイヤルズのPSでの連勝を8で止めた。

 12年以来2年ぶり8回目の世界一を目指すジャイアンツが、エース左腕の好投で幸先の良いスタートを切った。

■青木は4タコ

 ロイヤルズ・青木宣親(32)は攻守に精彩を欠いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事