• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大一番託されたジ軍エース左腕バムガーナーの気になる稼ぎ

 12年以来、2年ぶりのワールドシリーズ進出を決めたサンフランシスコ・ジャイアンツ。第5戦のマウンドに上がったのは、エース左腕のマディソン・バムガーナー(25)だった。

 今季33試合に登板し、18勝10敗、防御率2.98。4年連続200投球回、2ケタ勝利を達成した。ここ数年は不振が続くサイ・ヤング賞右腕リンスカムに代わってジャイアンツ投手陣の屋台骨を支えている。

 今季の年俸は375万ドル(約3億9800万円)と、働きの割に格安だが、今オフに表彰されれば来季以降は大幅にアップする。来季の基本給は675万ドル(約7億1700万円)。バムガーナーの契約には出来高が付いており、サイ・ヤング賞受賞か同賞の投票で3位以内に入れば、翌年の年俸はそれぞれ1600万ドル(約17億円)、1400万ドル(約14億8000万円)となる。

 今季は投手部門の主要成績で軒並み上位に名を連ねており、サイ・ヤング賞の有力候補のひとり。来季は、名実ともにメジャーを代表する投手のひとりに加わるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る