大一番託されたジ軍エース左腕バムガーナーの気になる稼ぎ

公開日: 更新日:

 12年以来、2年ぶりのワールドシリーズ進出を決めたサンフランシスコ・ジャイアンツ。第5戦のマウンドに上がったのは、エース左腕のマディソン・バムガーナー(25)だった。

 今季33試合に登板し、18勝10敗、防御率2.98。4年連続200投球回、2ケタ勝利を達成した。ここ数年は不振が続くサイ・ヤング賞右腕リンスカムに代わってジャイアンツ投手陣の屋台骨を支えている。

 今季の年俸は375万ドル(約3億9800万円)と、働きの割に格安だが、今オフに表彰されれば来季以降は大幅にアップする。来季の基本給は675万ドル(約7億1700万円)。バムガーナーの契約には出来高が付いており、サイ・ヤング賞受賞か同賞の投票で3位以内に入れば、翌年の年俸はそれぞれ1600万ドル(約17億円)、1400万ドル(約14億8000万円)となる。

 今季は投手部門の主要成績で軒並み上位に名を連ねており、サイ・ヤング賞の有力候補のひとり。来季は、名実ともにメジャーを代表する投手のひとりに加わるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る