大一番託されたジ軍エース左腕バムガーナーの気になる稼ぎ

公開日:  更新日:

 12年以来、2年ぶりのワールドシリーズ進出を決めたサンフランシスコ・ジャイアンツ。第5戦のマウンドに上がったのは、エース左腕のマディソン・バムガーナー(25)だった。

 今季33試合に登板し、18勝10敗、防御率2.98。4年連続200投球回、2ケタ勝利を達成した。ここ数年は不振が続くサイ・ヤング賞右腕リンスカムに代わってジャイアンツ投手陣の屋台骨を支えている。

 今季の年俸は375万ドル(約3億9800万円)と、働きの割に格安だが、今オフに表彰されれば来季以降は大幅にアップする。来季の基本給は675万ドル(約7億1700万円)。バムガーナーの契約には出来高が付いており、サイ・ヤング賞受賞か同賞の投票で3位以内に入れば、翌年の年俸はそれぞれ1600万ドル(約17億円)、1400万ドル(約14億8000万円)となる。

 今季は投手部門の主要成績で軒並み上位に名を連ねており、サイ・ヤング賞の有力候補のひとり。来季は、名実ともにメジャーを代表する投手のひとりに加わるのは間違いないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る