キューバ政府が“上から目線” 日本球界派遣に「選手入札」も

公開日: 更新日:

 そもそも、デスパイネやグリエルが今季同様、来季も活躍できる保証はどこにもない。今季母国リーグの開幕がこれまでの11月から9月に前倒しされた影響で、デスパイネなどは帰国後すぐに所属チームに合流。十分な休養を与えられないまま、国内リーグでのプレーを余儀なくされている。となると、来季は2年間、ほぼ休みなしの状態で日本でのプレーを強いられる。疲労がたたって来日後に「即リタイア」する可能性だってあるのだ。

「デスパイネらの現状を見る限り、キューバ選手の母国での酷使ぶりは相変わらずです。今季、グリエルが7月中旬から左脇腹の違和感で約1カ月も『長期離脱』しましたが、来季はシーズン中に故障して『休養』を取る選手が続出するかもしれません」(前出の担当者)

 大金を払って獲得したところで、その対価に見合わない可能性が高いキューバ助っ人。それでもペコペコしてキューバ詣でに出掛ける球団が多いというからバカげた話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る