一部球団は来季も…キューバ選手に飛び付く懲りない日本球界

公開日: 更新日:

 まだ懲りないか――。今季から解禁になったキューバ政府による日本への「選手派遣」。一部球団は来季も大歓迎するという。

 キューバ選手といえば、現在、巨人のセペダ(34=推定年俸1億5000万円)とロッテのデスパイネ(28=同7000万円)が、故障でそれぞれ登録抹消中。DeNAのグリエル(30=同1億円)は26日に一軍再昇格したものの、それまでの約1カ月間は脇腹痛で戦列を離れていた。キューバ政府公認の助っ人は誰ひとりとしてまともに働いていない。

 それでも一部球団がキューバとのパイプ維持に目の色を変える背景には、投手を獲得したい思惑がある。

 キューバ人選手の身体能力の高さは折り紙付きだ。しかし、それが開花するのは、圧倒的に野手が多い。それはメジャーで結果を出しているセスペデス(レッドソックス)、プイグ(ドジャース)、アブレイユ(ホワイトソックス)などを見れば一目瞭然。こと投手に関しては、有り余る身体能力を生かし切れていないのが現状だ。キューバ政府も脆弱な投手力が近年、WBCなどの国際大会で低迷する要因と認識している。外貨獲得と同時に、日本のコーチング技術によって投手陣の底上げを図るのが狙いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る