一部球団は来季も…キューバ選手に飛び付く懲りない日本球界

公開日:  更新日:

 まだ懲りないか――。今季から解禁になったキューバ政府による日本への「選手派遣」。一部球団は来季も大歓迎するという。

 キューバ選手といえば、現在、巨人のセペダ(34=推定年俸1億5000万円)とロッテのデスパイネ(28=同7000万円)が、故障でそれぞれ登録抹消中。DeNAのグリエル(30=同1億円)は26日に一軍再昇格したものの、それまでの約1カ月間は脇腹痛で戦列を離れていた。キューバ政府公認の助っ人は誰ひとりとしてまともに働いていない。

 それでも一部球団がキューバとのパイプ維持に目の色を変える背景には、投手を獲得したい思惑がある。

 キューバ人選手の身体能力の高さは折り紙付きだ。しかし、それが開花するのは、圧倒的に野手が多い。それはメジャーで結果を出しているセスペデス(レッドソックス)、プイグ(ドジャース)、アブレイユ(ホワイトソックス)などを見れば一目瞭然。こと投手に関しては、有り余る身体能力を生かし切れていないのが現状だ。キューバ政府も脆弱な投手力が近年、WBCなどの国際大会で低迷する要因と認識している。外貨獲得と同時に、日本のコーチング技術によって投手陣の底上げを図るのが狙いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る