• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一部球団は来季も…キューバ選手に飛び付く懲りない日本球界

 まだ懲りないか――。今季から解禁になったキューバ政府による日本への「選手派遣」。一部球団は来季も大歓迎するという。

 キューバ選手といえば、現在、巨人のセペダ(34=推定年俸1億5000万円)とロッテのデスパイネ(28=同7000万円)が、故障でそれぞれ登録抹消中。DeNAのグリエル(30=同1億円)は26日に一軍再昇格したものの、それまでの約1カ月間は脇腹痛で戦列を離れていた。キューバ政府公認の助っ人は誰ひとりとしてまともに働いていない。

 それでも一部球団がキューバとのパイプ維持に目の色を変える背景には、投手を獲得したい思惑がある。

 キューバ人選手の身体能力の高さは折り紙付きだ。しかし、それが開花するのは、圧倒的に野手が多い。それはメジャーで結果を出しているセスペデス(レッドソックス)、プイグ(ドジャース)、アブレイユ(ホワイトソックス)などを見れば一目瞭然。こと投手に関しては、有り余る身体能力を生かし切れていないのが現状だ。キューバ政府も脆弱な投手力が近年、WBCなどの国際大会で低迷する要因と認識している。外貨獲得と同時に、日本のコーチング技術によって投手陣の底上げを図るのが狙いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る