日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一部球団は来季も…キューバ選手に飛び付く懲りない日本球界

 まだ懲りないか――。今季から解禁になったキューバ政府による日本への「選手派遣」。一部球団は来季も大歓迎するという。

 キューバ選手といえば、現在、巨人のセペダ(34=推定年俸1億5000万円)とロッテのデスパイネ(28=同7000万円)が、故障でそれぞれ登録抹消中。DeNAのグリエル(30=同1億円)は26日に一軍再昇格したものの、それまでの約1カ月間は脇腹痛で戦列を離れていた。キューバ政府公認の助っ人は誰ひとりとしてまともに働いていない。

 それでも一部球団がキューバとのパイプ維持に目の色を変える背景には、投手を獲得したい思惑がある。

 キューバ人選手の身体能力の高さは折り紙付きだ。しかし、それが開花するのは、圧倒的に野手が多い。それはメジャーで結果を出しているセスペデス(レッドソックス)、プイグ(ドジャース)、アブレイユ(ホワイトソックス)などを見れば一目瞭然。こと投手に関しては、有り余る身体能力を生かし切れていないのが現状だ。キューバ政府も脆弱な投手力が近年、WBCなどの国際大会で低迷する要因と認識している。外貨獲得と同時に、日本のコーチング技術によって投手陣の底上げを図るのが狙いでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事