ロッテ2位の京大・田中英祐に早くも「球団幹部候補」の声

公開日: 更新日:

「球団によっては上位指名もあると思っていましたが、まさか2位とは……」

 在京球団の関西担当スカウトがこう言うのは、ロッテに2位指名された京大出身の最速148キロ右腕・田中英祐(22)のことだ。

 東大と並ぶ名門大学も関西野球リーグでは最下位の常連校。その弱小チームで何と通算8勝を挙げた田中は、兵庫屈指の進学校・白陵高から京大へ入学した超エリート。プロ野球に行かなければ官僚になるか超一流企業に入るか、はたまた学者になるだろう異色の存在。全球団は将来の幹部候補として大いに期待している。

「中でも阪神は、大学最後のリーグ戦登板となった11日の関学戦に7人ものスカウトを送り込んていました。実は田中は、阪神の南球団社長の高校の後輩でもある。しかも阪神電鉄は京大出身者も多いそうだから、プロ入り後関西球団の阪神に移籍すれば、『将来の球団社長は堅いんじゃないの?』なんて話も出てます」(冒頭のスカウト)

 気の早すぎる話だが、田中が阪神に移籍することになれば、大出世が約束されるかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る