ロッテ2位の京大・田中英祐に早くも「球団幹部候補」の声

公開日: 更新日:

「球団によっては上位指名もあると思っていましたが、まさか2位とは……」

 在京球団の関西担当スカウトがこう言うのは、ロッテに2位指名された京大出身の最速148キロ右腕・田中英祐(22)のことだ。

 東大と並ぶ名門大学も関西野球リーグでは最下位の常連校。その弱小チームで何と通算8勝を挙げた田中は、兵庫屈指の進学校・白陵高から京大へ入学した超エリート。プロ野球に行かなければ官僚になるか超一流企業に入るか、はたまた学者になるだろう異色の存在。全球団は将来の幹部候補として大いに期待している。

「中でも阪神は、大学最後のリーグ戦登板となった11日の関学戦に7人ものスカウトを送り込んていました。実は田中は、阪神の南球団社長の高校の後輩でもある。しかも阪神電鉄は京大出身者も多いそうだから、プロ入り後関西球団の阪神に移籍すれば、『将来の球団社長は堅いんじゃないの?』なんて話も出てます」(冒頭のスカウト)

 気の早すぎる話だが、田中が阪神に移籍することになれば、大出世が約束されるかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る