日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「監督人事」記事火種で取材規制 阪神フロントに疑問の声

 阪神がえらくピリピリしている。火種になったのは、23日に複数のスポーツ紙が報じた「阪神岡田監督再登板」の記事だ。

 ある阪神OBは「阪神が23日のゲーム前に『岡田再登板』を報じたスポーツ紙2社に、和田監督への取材禁止を通達したのです」と、こう続ける。

「つい先日も、阪神の監督人事を報じたスポーツ紙に同様の処置がとられました。現場を守りたいフロントとしては、CSも残っているし、順位がはっきりしない段階で次期監督について報道されたら、チームに混乱をもたらすと考えているんでしょう。関西マスコミにとって阪神の監督人事はおいしいネタ。『9月病』で優勝から遠のいたのだから、3年契約が今年で切れる和田監督の次に注目が集まるのは当然。それを記事にされて、『取材規制』というのはいかにも今の阪神らしいが……」

 そもそも阪神が強くて魅力あるチームであれば、スポーツマスコミもこの時期に監督人事で騒ぐことはない。プロ野球の球団経営に関する著書もある工藤健策氏(スポーツライター)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事