「監督人事」記事火種で取材規制 阪神フロントに疑問の声

公開日: 更新日:

 阪神がえらくピリピリしている。火種になったのは、23日に複数のスポーツ紙が報じた「阪神岡田監督再登板」の記事だ。

 ある阪神OBは「阪神が23日のゲーム前に『岡田再登板』を報じたスポーツ紙2社に、和田監督への取材禁止を通達したのです」と、こう続ける。

「つい先日も、阪神の監督人事を報じたスポーツ紙に同様の処置がとられました。現場を守りたいフロントとしては、CSも残っているし、順位がはっきりしない段階で次期監督について報道されたら、チームに混乱をもたらすと考えているんでしょう。関西マスコミにとって阪神の監督人事はおいしいネタ。『9月病』で優勝から遠のいたのだから、3年契約が今年で切れる和田監督の次に注目が集まるのは当然。それを記事にされて、『取材規制』というのはいかにも今の阪神らしいが……」

 そもそも阪神が強くて魅力あるチームであれば、スポーツマスコミもこの時期に監督人事で騒ぐことはない。プロ野球の球団経営に関する著書もある工藤健策氏(スポーツライター)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る