日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

見送りマエケンより“割安” メジャーでロッテ「成瀬株」急上昇

「(選手入札の)権利はわれわれの方にある。行かせてはやりたいが、今年の成績じゃ難しい」

 13日、広島・前田健太(26)のメジャー移籍について一部メディアにこう話した広島・松田元オーナー。「球団総帥」の一言で今オフの移籍は事実上見送られることになった。マエケン獲得を狙っていた複数のメジャー球団はがっかりだが、その資金は別の日本人投手の争奪戦に使われるかもしれない。

 メジャー事情に詳しいある球団幹部は言う。

「今季のメジャーはヤンキース、レッドソックス、レンジャーズなど、資金が潤沢なチームが軒並み低迷。オフはこうしたチームが一気に大型補強を行う予定です。先の3チームはマエケン獲得のために数十億円を用意して争奪戦に備えていた。マエケンの移籍が消えたことで、各チームとも補強戦略を見直すことになる。そうなるとロッテの成瀬(29)がクローズアップされるはずです。左の成瀬は今季こそ精彩を欠いたが(9勝11敗、防御率4.67)、制球力は安定しているうえ、09年から12年までは4年連続2ケタ勝利。強風が吹き荒れる本拠地じゃなければ、もっと勝てたともいわれる。岩隈(マリナーズ)や田中(ヤンキース)のように三振は取れなくても、六~七回まで打たせて取る投球でゲームをつくれる。これも分業制が進むメジャーでは評価されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事