即戦力投手狙いから急転 巨人1位指名「智弁・岡本」の裏事情

公開日: 更新日:

 在京球団スカウトが、「え? ウソだろ!?」と思わず目を丸くしたのが、20日のスポーツ紙の1面記事。スポーツ報知ががデカデカと「巨人が23日のドラフト会議で智弁学園の岡本和真内野手を1位の最有力候補に挙げたことが分かった」と報じたのを見て、すぐさまスカウト部長に電話を入れるなど、朝から右往左往させられたという。

「他球団の指名を何度もシミュレーションした結果、巨人の1位は有原で決まり、との結論を出していた。岡本で行くというなら、外れ1位を含めて1位以下の人選を再考しないといけない。他球団も大わらわですよ」

 このスカウトが言うように、今年の巨人の1位は早大の156キロ右腕・有原航平が最有力だとされてきた。それが、ドラフト4日前になって、通算73本塁打の高校生野手にシフト。急転直下の方針転換は、阪神に屈辱の4連敗を食らったCSでの大惨敗が影響しているのは、想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る