日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

即戦力投手狙いから急転 巨人1位指名「智弁・岡本」の裏事情

 在京球団スカウトが、「え? ウソだろ!?」と思わず目を丸くしたのが、20日のスポーツ紙の1面記事。スポーツ報知ががデカデカと「巨人が23日のドラフト会議で智弁学園の岡本和真内野手を1位の最有力候補に挙げたことが分かった」と報じたのを見て、すぐさまスカウト部長に電話を入れるなど、朝から右往左往させられたという。

「他球団の指名を何度もシミュレーションした結果、巨人の1位は有原で決まり、との結論を出していた。岡本で行くというなら、外れ1位を含めて1位以下の人選を再考しないといけない。他球団も大わらわですよ」

 このスカウトが言うように、今年の巨人の1位は早大の156キロ右腕・有原航平が最有力だとされてきた。それが、ドラフト4日前になって、通算73本塁打の高校生野手にシフト。急転直下の方針転換は、阪神に屈辱の4連敗を食らったCSでの大惨敗が影響しているのは、想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事