即戦力投手狙いから急転 巨人1位指名「智弁・岡本」の裏事情

公開日:  更新日:

 在京球団スカウトが、「え? ウソだろ!?」と思わず目を丸くしたのが、20日のスポーツ紙の1面記事。スポーツ報知ががデカデカと「巨人が23日のドラフト会議で智弁学園の岡本和真内野手を1位の最有力候補に挙げたことが分かった」と報じたのを見て、すぐさまスカウト部長に電話を入れるなど、朝から右往左往させられたという。

「他球団の指名を何度もシミュレーションした結果、巨人の1位は有原で決まり、との結論を出していた。岡本で行くというなら、外れ1位を含めて1位以下の人選を再考しないといけない。他球団も大わらわですよ」

 このスカウトが言うように、今年の巨人の1位は早大の156キロ右腕・有原航平が最有力だとされてきた。それが、ドラフト4日前になって、通算73本塁打の高校生野手にシフト。急転直下の方針転換は、阪神に屈辱の4連敗を食らったCSでの大惨敗が影響しているのは、想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る