日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍現実味のロッテ成瀬 チームから“厄介者”に見られる理由

 ロッテの左腕エース・成瀬善久(29)の移籍が、現実味を帯びている。

 5月に国内FA権を取得した成瀬は15日に球団と初交渉。ところが、球団の回答はまさかの「年俸ダウン」と「単年契約」という、まるで「出て行くならどうぞ」という冷たい反応だった。成瀬は予想外の展開に、「ボクの温度と(球団の温度)は違うかなというのはあった。ショックを隠せないというか、寂しい気持ち」と語り、移籍の気持ちを固めたという。

 それにしても不可解なのが球団の対応だ。成瀬がFA権を取得した直後、林信平球団本部長は「彼は生え抜きの選手でうちのエース。(FA権は行使せず)残って欲しい」と全力で引き留める姿勢を見せていた。それが今になって急に「出て行け」とも取れる条件提示をしたのである。何があったのか。

 あるチーム関係者は「どちらかというと成瀬の方に問題がある」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事