移籍現実味のロッテ成瀬 チームから“厄介者”に見られる理由

公開日: 更新日:

 ロッテの左腕エース・成瀬善久(29)の移籍が、現実味を帯びている。

 5月に国内FA権を取得した成瀬は15日に球団と初交渉。ところが、球団の回答はまさかの「年俸ダウン」と「単年契約」という、まるで「出て行くならどうぞ」という冷たい反応だった。成瀬は予想外の展開に、「ボクの温度と(球団の温度)は違うかなというのはあった。ショックを隠せないというか、寂しい気持ち」と語り、移籍の気持ちを固めたという。

 それにしても不可解なのが球団の対応だ。成瀬がFA権を取得した直後、林信平球団本部長は「彼は生え抜きの選手でうちのエース。(FA権は行使せず)残って欲しい」と全力で引き留める姿勢を見せていた。それが今になって急に「出て行け」とも取れる条件提示をしたのである。何があったのか。

 あるチーム関係者は「どちらかというと成瀬の方に問題がある」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る