“第2の冨田”が心配だ…問われる指導者のコンプライアンス

公開日:  更新日:

 日本オリンピック委員会(JOC)が各競技のナショナルチームの指導者を束ねる委員会の創設を急いでいる。

 競技の垣根を越えて強化策などを話し合う「監督・コーチ委員会」で、来年にも設置する見込みだ。20年東京五輪に向けた強化策の一環で、各競技の代表チームの監督、コーチが定期的に集まって指導法や練習、トレーニングメニューの共有を主な目的とするという。

 昨年の柔道女子代表監督による暴力、パワハラ指導、今年は競泳男子代表の冨田尚哉による窃盗疑惑と不祥事が続出。ここ数年は、国際試合で開催地のマフィアから選手が八百長を持ちかけられたり、麻薬や危険ドラッグの運び屋に仕立てられるなどのリスクも増えている。指導者には行動規範を徹底する倫理委員会としての役割も期待されているという。

 ナショナルチームの指導者が足並み揃えて襟を正そうというわけだが、ちょっと待てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る