• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“第2の冨田”が心配だ…問われる指導者のコンプライアンス

 日本オリンピック委員会(JOC)が各競技のナショナルチームの指導者を束ねる委員会の創設を急いでいる。

 競技の垣根を越えて強化策などを話し合う「監督・コーチ委員会」で、来年にも設置する見込みだ。20年東京五輪に向けた強化策の一環で、各競技の代表チームの監督、コーチが定期的に集まって指導法や練習、トレーニングメニューの共有を主な目的とするという。

 昨年の柔道女子代表監督による暴力、パワハラ指導、今年は競泳男子代表の冨田尚哉による窃盗疑惑と不祥事が続出。ここ数年は、国際試合で開催地のマフィアから選手が八百長を持ちかけられたり、麻薬や危険ドラッグの運び屋に仕立てられるなどのリスクも増えている。指導者には行動規範を徹底する倫理委員会としての役割も期待されているという。

 ナショナルチームの指導者が足並み揃えて襟を正そうというわけだが、ちょっと待てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る