日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冨田のカメラ泥棒ではっきりした日本スポーツ界の深刻腐敗

一選手の盗難事件と看過するべきではない

「カメラを見た瞬間、欲しくなった」

 アジア大会が行われている韓国で、同国メディアのカメラを盗んだ競泳男子の冨田尚弥(25)は警察の事情聴取でこう供述した。

 欲しいから盗んだというのでは、アメ玉欲しさに万引する分別つかない子供と一緒。善悪の判断もできない愚か者だ。もちろん、スポーツ界はこんな輩ばかりではないが、たかだか、1人の愚かな選手が起こした盗難事件と看過するわけにはいかない。

■「勝てば何も言われない」と開き直る選手も

 昨年一年を振り返っても、日本ハム二軍マネジャーだった宮本賢(30)は強姦容疑、元Jリーガーの後藤純二(43)は覚醒剤取締法違反容疑、サッカー元日本代表の前園真聖(40)は暴行容疑、同じく奥大介(38)は夫人への脅迫で、それぞれ逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事