FA権行使の阪神・鳥谷 「悪条件でもメジャー行き」の理由

公開日:  更新日:

 FA権を行使した阪神・鳥谷敬(33)のメジャー移籍が確実視されている。

 現在、米アリゾナ州フェニックスで行われているメジャーのGM会議では、すでに複数球団が興味を示している。鳥谷自身も周囲に、「日本(阪神)より条件が悪くてもメジャーに行く」と話しているようだから、阪神が年俸ベースで5億円の複数年契約を提示しようと、残留は絶望的だろう。

 それにしても気になるのは、「なぜ条件が悪くてもあえて行くのか」という点だ。鳥谷がメジャーに移籍しても、年俸はせいぜい1億円程度で、レギュラーの保証もない。いくら本人に「長年の憧れがある」とはいえ、30歳を越えたベテランの挑戦は理解に苦しむ。しかし、本人と親しい関係者によれば、「将来を見据えた鳥谷らしい思惑があるからこそ今、海を渡るんですよ」とこう続ける。

「トリ(鳥谷)は将来、間違いなく指導者になる。メジャーを経験していれば、後々財産になるし、逆に知らなければ、若い選手やメジャーを知るコーチになめられる恐れがある。だからこそ今のうちにメジャーを経験しておきたいのです。今や野球解説者やコーチなど、多くの指導者が『元メジャーリーガー』という肩書を持っていますからね。トリはプライドが高いから、そういうことまで考えているんですよ」

 日本人内野手は、メジャーでの評価が低い。鳥谷はマイナー覚悟で一から泥にまみれなければ、「財産」どころか「メジャーリーガー」の肩書すら危うい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る