渡米の鳥谷も不安 共和党圧勝でメジャーはより“格差社会”に

公開日:  更新日:

 運転手付きのリムジンで夕食を食べに行く高給取りがいる一方で、マイナーリーガーは10時間以上のバス移動を強いられてメシもロクに食べられない――。日本のプロ野球とは比較にならないほど格差の大きい米球界が、中間選挙の共和党圧勝によって、これまで以上の格差社会になりそうだ。

「共和党が下院だけでなく、上院でも過半数を取ったからといって、FAになった黒田やイチローの年俸がすぐに上がったり下がったりするわけではありません。けれども、中長期的にみれば日本人選手はさまざまな影響を受ける可能性があります」

 こう言うのは、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏だ。

「共和党は中流以上の層が支持基盤で、移民を制限しようという人たちが多い。9・11の同時多発テロ以降、移民への風当たりは強くなりましたけど、今後はこの傾向が顕著になっていくかもしれません。そうなるとダメージを受けるのは、メジャーとマイナーのボーダーライン上の選手です。バリバリのメジャーリーガーはともかく、マイナーリーガーはただでさえビザが下りにくい。さらにビザの発給が制限されてしまうようだと、契約は結べても渡米できない事態まで生じてしまいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る