初マラソンで3位 岩出玲亜「五輪でメダル」の可能性と課題

公開日:  更新日:

 優勝した田中より「可能性を秘めている」ともっぱらだ。

 今年で幕を閉じる横浜国際女子マラソン。最後の大会を優勝で飾ったのは、2時間26分57秒でゴールした田中智美(26)。田中は2度目のマラソンだったが、3位に入った岩出玲亜(19)は30キロ以上の距離を走るのはこれが初めて。高校駅伝の名門、愛知・豊川高から社会人のノーリツに進み、昨年はハーフマラソンでジュニア記録となる1時間9分45秒をマーク。初マラソンの時計は2時間27分21秒と平凡でも、20歳未満の日本女子最高記録を更新した。

「(フルマラソンは)長かったですね。まだ27分台ということで全然世界とも戦えませんが、ここをスタート地点としてまた明日から頑張っていきたいと思います」と言う岩出。今は16年リオ五輪のマラソン代表を狙っているそうだ。

■社会人で駅伝に力を入れるとマラソンは伸びない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る