初マラソンで3位 岩出玲亜「五輪でメダル」の可能性と課題

公開日: 更新日:

 優勝した田中より「可能性を秘めている」ともっぱらだ。

 今年で幕を閉じる横浜国際女子マラソン。最後の大会を優勝で飾ったのは、2時間26分57秒でゴールした田中智美(26)。田中は2度目のマラソンだったが、3位に入った岩出玲亜(19)は30キロ以上の距離を走るのはこれが初めて。高校駅伝の名門、愛知・豊川高から社会人のノーリツに進み、昨年はハーフマラソンでジュニア記録となる1時間9分45秒をマーク。初マラソンの時計は2時間27分21秒と平凡でも、20歳未満の日本女子最高記録を更新した。

「(フルマラソンは)長かったですね。まだ27分台ということで全然世界とも戦えませんが、ここをスタート地点としてまた明日から頑張っていきたいと思います」と言う岩出。今は16年リオ五輪のマラソン代表を狙っているそうだ。

■社会人で駅伝に力を入れるとマラソンは伸びない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る