日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア大会 木崎の銀ではっきりした日本女子マラソンの低迷

 アジア大会(韓国・仁川)の女子マラソンが2日(午前9時号砲)行われ、日本勢ではロンドン五輪代表の木崎良子(29)が2時間25分50秒で2位。98年バンコク大会を制した高橋尚子以来となる日本勢の金メダル獲得はならなかった。優勝はキルワ(バーレーン)の2時間25分37秒。早川英里(32)は2時間33分14秒で4位だった。

 レースは12キロ付近からケニアから国籍を変更したキルワと木崎の一騎打ちとなった。出場選手中トップの2時間21分41秒の自己ベストを持つキルワが途中、何度も仕掛けては木崎がピタリとマークした。その後は2人の並走が続くも、35キロ過ぎにキルワがスパート。これに木崎はついていけず、みるみるうちに差は広がった。ゴール地点の「仁川アジア大会スタジアム」に入って最後の力を振り絞るようにペースを上げたが、時すでに遅し。木崎は2位でゴールした。

■低レベルのレースでも勝てない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事