アジア大会 木崎の銀ではっきりした日本女子マラソンの低迷

公開日: 更新日:

 アジア大会(韓国・仁川)の女子マラソンが2日(午前9時号砲)行われ、日本勢ではロンドン五輪代表の木崎良子(29)が2時間25分50秒で2位。98年バンコク大会を制した高橋尚子以来となる日本勢の金メダル獲得はならなかった。優勝はキルワ(バーレーン)の2時間25分37秒。早川英里(32)は2時間33分14秒で4位だった。

 レースは12キロ付近からケニアから国籍を変更したキルワと木崎の一騎打ちとなった。出場選手中トップの2時間21分41秒の自己ベストを持つキルワが途中、何度も仕掛けては木崎がピタリとマークした。その後は2人の並走が続くも、35キロ過ぎにキルワがスパート。これに木崎はついていけず、みるみるうちに差は広がった。ゴール地点の「仁川アジア大会スタジアム」に入って最後の力を振り絞るようにペースを上げたが、時すでに遅し。木崎は2位でゴールした。

■低レベルのレースでも勝てない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る