野口みずき“育ての親” マラソン「ナショナルチーム」に疑問符

公開日: 更新日:

 日本陸連は4月1日にリオ、東京五輪に向けたマラソン強化の一環として「ナショナルチーム」を編成した。代表選手とそのコーチが集まり、合同合宿を行ったり、トレーニング法などを共有することで全体の底上げを図るというものだが、アテネ五輪金メダルの野口みづきを育てた藤田信之氏は、そのあり方に疑問を呈している。

――昨年の大阪国際女子ではペースメーカーを置くのを禁止するなど、陸連は改革に重い腰を上げ始めました。

「ペースメーカーは不要です。記録を狙うためには、普段の練習の中でペースは覚えるものです。野口はつけたがらなかったし、むしろ嫌がっていました。世界選手権や五輪で戦う相手になるのは、多くても10~20人。その選手たちがどんな練習をしているのか、どんなレース展開をするかは情報収集するべきです」

――4月にナショナルチームが発足しましたが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る