「楽をしすぎ」 野口みずきの師匠が日本マラソンの弱点指摘

公開日: 更新日:

 日本のマラソンの低迷が叫ばれて久しい。

 12年のロンドン五輪では男子は中本健太郎が日本勢では2大会ぶりの入賞を果たしたとはいえ、女子は木崎良子の16位が最高。男女ともメダルなしに終わった。28日のベルリン・マラソンでは男子のデニス・キメット(ケニア)が2時間2分57秒の世界新記録をマーク。日本と世界の差は広がるばかりだ。「今の指導者、選手は楽をしすぎている」と苦言を呈するのは、04年アテネ五輪金メダルの野口みずきを育てた元シスメックス・コーチの藤田信之氏(73)だ。アジア大会(女子10月2日、男子3日=いずれも9時号砲)を前に、日本マラソンの再建策を聞いた。

――日本のマラソンの現状についてどう思いますか。

「現状は男女とも一時期よりも大きくレベルダウンしています。例えば男子の日本歴代50傑の上位は2時間7分台までの選手12人のうち、直近では(ロンドン五輪代表の)藤原新君ぐらい。今は大会参加にあたり『サブ10』を目標と、2時間10分切ればいいと言っている選手が多いのが現状。過去五輪や世界選手権での優勝者は少なくとも2時間8分以内の選手。五輪や世界選手権は記録の争いではないとはいえ、個人のベストタイムは実力であり、必要かつ重要な要件だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る