• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「楽をしすぎ」 野口みずきの師匠が日本マラソンの弱点指摘

 日本のマラソンの低迷が叫ばれて久しい。

 12年のロンドン五輪では男子は中本健太郎が日本勢では2大会ぶりの入賞を果たしたとはいえ、女子は木崎良子の16位が最高。男女ともメダルなしに終わった。28日のベルリン・マラソンでは男子のデニス・キメット(ケニア)が2時間2分57秒の世界新記録をマーク。日本と世界の差は広がるばかりだ。「今の指導者、選手は楽をしすぎている」と苦言を呈するのは、04年アテネ五輪金メダルの野口みずきを育てた元シスメックス・コーチの藤田信之氏(73)だ。アジア大会(女子10月2日、男子3日=いずれも9時号砲)を前に、日本マラソンの再建策を聞いた。

――日本のマラソンの現状についてどう思いますか。

「現状は男女とも一時期よりも大きくレベルダウンしています。例えば男子の日本歴代50傑の上位は2時間7分台までの選手12人のうち、直近では(ロンドン五輪代表の)藤原新君ぐらい。今は大会参加にあたり『サブ10』を目標と、2時間10分切ればいいと言っている選手が多いのが現状。過去五輪や世界選手権での優勝者は少なくとも2時間8分以内の選手。五輪や世界選手権は記録の争いではないとはいえ、個人のベストタイムは実力であり、必要かつ重要な要件だと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る