横浜女子マラソン 19歳“期待の星”岩出の危険な賭け

公開日:  更新日:

「失うものは何もないので、積極的なレースを心がけたい」──。

 16日に行われる横浜国際女子マラソンに最年少で参戦する岩出玲亜(19)がこう言った。

 高校駅伝の名門、愛知・豊川高時代はエースとして12年全国高校駅伝で準優勝に貢献。卒業後は実業団のノーリツに進み、昨年12月の山陽女子ロードレースのハーフマラソンで1時間9分45秒のジュニア日本最高記録をマークした。今年3月から本格的なマラソン練習に取り組み、わずか8カ月での初レースだ。

■叔父は帝京大ラグビー部の岩出雅之監督

 10代でのフルマラソン参戦はまれなケース。例えば日本の女子金メダリストの初マラソンはシドニー五輪の高橋尚子が25歳(98年)、アテネ五輪の野口みずきは23歳(02年)だった(いずれも名古屋国際女子)。日本では、マラソンに耐えられる体力、スタミナをつけるため、1万メートルや駅伝、ハーフマラソンなどで経験を積ませた後に転向するのが一般的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る