国内レースはジリ貧 日本マラソン選手の主戦場は海外になる

公開日:  更新日:

 2日(日本時間3日)のニューヨークシティー・マラソンは、日本の有力ランナー2人が揃って惨敗に終わった。

 順天堂大時代に箱根駅伝で活躍し、「元祖山の神」の異名を持つ今井正人(30)が2時間14分36秒で7位。川内優輝(27)が2時間16分41秒で11位。優勝はウィルソン・キプサング(32=ケニア)の2時間10分54秒だった。

 レースを数多くこなす川内はともかく、今井がこのレースに参戦したのは、16年リオ五輪出場に向け海外勢にもまれてレベルアップを図るためだという。五輪の選考レースは世界選手権を除き、男女とも国内の3レースが対象だ。海外の主要レースに出場して好結果を残しても五輪出場権は得られないものの、今後は今井のように積極的に国外に飛び出す選手が増えそうだ。

■スポンサー離れ、外国人選手もソッポ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る