国内レースはジリ貧 日本マラソン選手の主戦場は海外になる

公開日: 更新日:

 2日(日本時間3日)のニューヨークシティー・マラソンは、日本の有力ランナー2人が揃って惨敗に終わった。

 順天堂大時代に箱根駅伝で活躍し、「元祖山の神」の異名を持つ今井正人(30)が2時間14分36秒で7位。川内優輝(27)が2時間16分41秒で11位。優勝はウィルソン・キプサング(32=ケニア)の2時間10分54秒だった。

 レースを数多くこなす川内はともかく、今井がこのレースに参戦したのは、16年リオ五輪出場に向け海外勢にもまれてレベルアップを図るためだという。五輪の選考レースは世界選手権を除き、男女とも国内の3レースが対象だ。海外の主要レースに出場して好結果を残しても五輪出場権は得られないものの、今後は今井のように積極的に国外に飛び出す選手が増えそうだ。

■スポンサー離れ、外国人選手もソッポ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る