松井秀喜が語った 「臨時コーチ」「監督問題」「NYライフ」

公開日: 更新日:

 キャンプで巨人とヤンキースの臨時コーチを務めたのが、元巨人・ヤンキースの松井秀喜(39)。ファンやフロントや現場で湧き上がる「監督待望論」を本人はどう受け止めているのか。初めてコーチを経験しての収穫、ニューヨークでの生活もあわせて聞いてみた。

■「教えるのは難しいことを理解した」

――宮崎では選手にどんなアドバイスをしたのですか。
「期間が短かったので基本的な、自分が感じる大切なことだけを伝えました。選手がそれをどう受け止め、どういうふうにそれを実践したのかはわかりませんけれど」

――具体的には。
「ボールを長く見るためにはどうするかとか、強く振るためにはどうするかとか。そういうことを僕なりに選手に伝えたつもりです。そのための方法ですね」

――若手に伝える過程で考えたこと、心掛けたこと、いま考えていることはありますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る