日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松井秀喜が語った 「臨時コーチ」「監督問題」「NYライフ」

 キャンプで巨人とヤンキースの臨時コーチを務めたのが、元巨人・ヤンキースの松井秀喜(39)。ファンやフロントや現場で湧き上がる「監督待望論」を本人はどう受け止めているのか。初めてコーチを経験しての収穫、ニューヨークでの生活もあわせて聞いてみた。

■「教えるのは難しいことを理解した」

――宮崎では選手にどんなアドバイスをしたのですか。
「期間が短かったので基本的な、自分が感じる大切なことだけを伝えました。選手がそれをどう受け止め、どういうふうにそれを実践したのかはわかりませんけれど」

――具体的には。
「ボールを長く見るためにはどうするかとか、強く振るためにはどうするかとか。そういうことを僕なりに選手に伝えたつもりです。そのための方法ですね」

――若手に伝える過程で考えたこと、心掛けたこと、いま考えていることはありますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事