貧打深刻で巨人連敗 CS敗退危機招いた原監督の“無為無策”

公開日: 更新日:

「あれは痛かった? そうだね。そんなことを言ったら……、まあ、そうだね。異議はありません。起爆剤? これからが勝負。勝負はこれから。心技体と言うしかない」

 ファイナルステージ第2戦は2─5で阪神に連敗、アドバンテージを含めて1勝2敗と負けが先行した巨人。試合後、三回1死満塁の絶好機で橋本が併殺打に倒れた場面を聞かれた原監督は、しどろもどろにこう言うのがやっとだった。

 五回に先発の沢村が上本への頭部危険球によって退場。4四死球4失点の独り相撲で試合の主導権を奪われると、巨人打線に劣勢をはね返す力はなかった。第1戦もわずか1得点に終わった巨人は、この日は1番の長野から4番の阿部までの上位打線が揃って無安打。得点は伏兵・井端の2点本塁打のみでは勝てるはずがなかった。

■半年前から言われた「貧打」に手を打たず

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る