貧打深刻で巨人連敗 CS敗退危機招いた原監督の“無為無策”

公開日: 更新日:

「あれは痛かった? そうだね。そんなことを言ったら……、まあ、そうだね。異議はありません。起爆剤? これからが勝負。勝負はこれから。心技体と言うしかない」

 ファイナルステージ第2戦は2─5で阪神に連敗、アドバンテージを含めて1勝2敗と負けが先行した巨人。試合後、三回1死満塁の絶好機で橋本が併殺打に倒れた場面を聞かれた原監督は、しどろもどろにこう言うのがやっとだった。

 五回に先発の沢村が上本への頭部危険球によって退場。4四死球4失点の独り相撲で試合の主導権を奪われると、巨人打線に劣勢をはね返す力はなかった。第1戦もわずか1得点に終わった巨人は、この日は1番の長野から4番の阿部までの上位打線が揃って無安打。得点は伏兵・井端の2点本塁打のみでは勝てるはずがなかった。

■半年前から言われた「貧打」に手を打たず

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  3. 3

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    民主党政権にも及ばなかった「戦後最長の景気拡大」の嘘

  8. 8

    ヤラセ寸劇会見でお茶を濁す安倍首相に「最後のお願い」

  9. 9

    レバノンがゴーンを引き渡す日…経済危機とコロナで混迷

  10. 10

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

もっと見る