日米野球 侍ジャパンとメジャー選手の“報酬格差”どれだけ?

公開日: 更新日:

 日米野球のため、福岡→大阪→東京→札幌→沖縄と全国を行脚する侍ジャパン。各球団のトップ選手をシーズン終了後に招集するのだから、もちろんタダというわけにはいかない。ギャラは一体いくらなのか。

 侍ジャパンのある選手は、「1日20万円」という。8日の集合日から20日の沖縄での親善試合まで拘束期間は計13日。単純計算で手にする額は260万円になる。

 これはあくまで基本給。勝てば勝つほど総額1億円の賞金がここに加算される。優勝チーム(勝ち越し)に5000万円、第1戦から第5戦の各試合の勝利チームに1000万円ずつという内訳だ。

 日米野球開幕前、主将を務める楽天の嶋は「賞金の使い道? その辺ははっきりさせておかないといけない」と話していた。侍ジャパンは3勝1敗。現時点で8000万円をゲットしたことになる。某選手が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る