日米野球 侍ジャパンとメジャー選手の“報酬格差”どれだけ?

公開日: 更新日:

 日米野球のため、福岡→大阪→東京→札幌→沖縄と全国を行脚する侍ジャパン。各球団のトップ選手をシーズン終了後に招集するのだから、もちろんタダというわけにはいかない。ギャラは一体いくらなのか。

 侍ジャパンのある選手は、「1日20万円」という。8日の集合日から20日の沖縄での親善試合まで拘束期間は計13日。単純計算で手にする額は260万円になる。

 これはあくまで基本給。勝てば勝つほど総額1億円の賞金がここに加算される。優勝チーム(勝ち越し)に5000万円、第1戦から第5戦の各試合の勝利チームに1000万円ずつという内訳だ。

 日米野球開幕前、主将を務める楽天の嶋は「賞金の使い道? その辺ははっきりさせておかないといけない」と話していた。侍ジャパンは3勝1敗。現時点で8000万円をゲットしたことになる。某選手が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る