日米野球 侍ジャパンとメジャー選手の“報酬格差”どれだけ?

公開日:  更新日:

 日米野球のため、福岡→大阪→東京→札幌→沖縄と全国を行脚する侍ジャパン。各球団のトップ選手をシーズン終了後に招集するのだから、もちろんタダというわけにはいかない。ギャラは一体いくらなのか。

 侍ジャパンのある選手は、「1日20万円」という。8日の集合日から20日の沖縄での親善試合まで拘束期間は計13日。単純計算で手にする額は260万円になる。

 これはあくまで基本給。勝てば勝つほど総額1億円の賞金がここに加算される。優勝チーム(勝ち越し)に5000万円、第1戦から第5戦の各試合の勝利チームに1000万円ずつという内訳だ。

 日米野球開幕前、主将を務める楽天の嶋は「賞金の使い道? その辺ははっきりさせておかないといけない」と話していた。侍ジャパンは3勝1敗。現時点で8000万円をゲットしたことになる。某選手が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る