唯一の新人「侍J」巨人・小林 来季正捕手奪取に攻守の“師匠”

公開日: 更新日:

 新人でただひとり、侍ジャパンに選出された巨人の小林誠司(25)が10日、壮行試合に臨んだ。

 巨人の正捕手には阿部が君臨していたこともあり、今季63試合の出場。2番手捕手の選出を小久保監督は「経験を積ませて将来は巨人でレギュラーを取って、侍でもレギュラーをという期待を込めた」と明かしていた。

 17年WBCの正捕手候補としての期待もかかるわけだが、その前に巨人でレギュラーの座を掴まなければ始まらない。阿部は来季から一塁へ転向する。小林は日米野球で「メジャーリーガーの捕手はどういう意識で、どんな動きをするのか学びたい」と話していたが、「学ぶ」のは守備だけでは足りない。

 巨人は広島で二軍監督を務めていた内田順三氏(67)が二軍打撃コーチとして復帰。かつて松井秀喜、高橋由、阿部などを指導した名伯楽だ。原沢GM兼球団代表は「若手を育てて欲しい」と要望。ドラフト1位の岡本和真(18=智弁学園)が筆頭ではあるが、球団が指定する「打撃強化指定選手」の中には、中井、大田らの大砲候補の他に、小林も入っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る