唯一の新人「侍J」巨人・小林 来季正捕手奪取に攻守の“師匠”

公開日:  更新日:

 新人でただひとり、侍ジャパンに選出された巨人の小林誠司(25)が10日、壮行試合に臨んだ。

 巨人の正捕手には阿部が君臨していたこともあり、今季63試合の出場。2番手捕手の選出を小久保監督は「経験を積ませて将来は巨人でレギュラーを取って、侍でもレギュラーをという期待を込めた」と明かしていた。

 17年WBCの正捕手候補としての期待もかかるわけだが、その前に巨人でレギュラーの座を掴まなければ始まらない。阿部は来季から一塁へ転向する。小林は日米野球で「メジャーリーガーの捕手はどういう意識で、どんな動きをするのか学びたい」と話していたが、「学ぶ」のは守備だけでは足りない。

 巨人は広島で二軍監督を務めていた内田順三氏(67)が二軍打撃コーチとして復帰。かつて松井秀喜、高橋由、阿部などを指導した名伯楽だ。原沢GM兼球団代表は「若手を育てて欲しい」と要望。ドラフト1位の岡本和真(18=智弁学園)が筆頭ではあるが、球団が指定する「打撃強化指定選手」の中には、中井、大田らの大砲候補の他に、小林も入っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る