• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

唯一の新人「侍J」巨人・小林 来季正捕手奪取に攻守の“師匠”

 新人でただひとり、侍ジャパンに選出された巨人の小林誠司(25)が10日、壮行試合に臨んだ。

 巨人の正捕手には阿部が君臨していたこともあり、今季63試合の出場。2番手捕手の選出を小久保監督は「経験を積ませて将来は巨人でレギュラーを取って、侍でもレギュラーをという期待を込めた」と明かしていた。

 17年WBCの正捕手候補としての期待もかかるわけだが、その前に巨人でレギュラーの座を掴まなければ始まらない。阿部は来季から一塁へ転向する。小林は日米野球で「メジャーリーガーの捕手はどういう意識で、どんな動きをするのか学びたい」と話していたが、「学ぶ」のは守備だけでは足りない。

 巨人は広島で二軍監督を務めていた内田順三氏(67)が二軍打撃コーチとして復帰。かつて松井秀喜、高橋由、阿部などを指導した名伯楽だ。原沢GM兼球団代表は「若手を育てて欲しい」と要望。ドラフト1位の岡本和真(18=智弁学園)が筆頭ではあるが、球団が指定する「打撃強化指定選手」の中には、中井、大田らの大砲候補の他に、小林も入っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る