• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日米野球侍ジャパン 「リリーフ2人だけ」のいびつな投手陣

 前回の惨敗を生かしていない人選ではないか。

 11月に行われる「2014 SUZUKI 日米野球」に出場する日本代表候補28人が9日に発表されたが、投手陣の構成が明らかに歪んでいるからだ。

 代表を率いる小久保裕紀監督(43)が、「2017年に予定されるWBCに向けての強化試合」と位置づける今大会とあって、大谷(日本ハム)や藤浪(阪神)ら若手投手を多く選出したのはいいとして、問題はバランス。投手13人中、実に11人が先発投手。リリーフは2人しかいないからだ。

 小久保監督はこの人選に関し、「(試合数が合計で)8試合もあり、1試合で先発できる投手が2人必要だから」と淡々と説明していたが、準決勝敗退の前回WBCの反省を踏まえれば、もう少し投手陣の役割分担を考えたメンバー構成にすべきだろう。

 日本代表は前回のWBC(13年)で先発投手ばかりを大量に選出。摂津(ソフトバンク)や能見(阪神)だけでなく、杉内(巨人)、田中将(当時楽天、現ヤンキース)らも救援に回った結果、第1ラウンドのブラジル戦や、第2ラウンドのオランダ戦など「格下」相手に苦戦を強いられた苦い経験を持つ。にもかかわらず、今回も先発投手を優先。救援を本職とする投手が西野(ロッテ)と高橋(西武)だけでは、将来の日本代表はとてもじゃないが期待できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る