日米野球第2戦登板 「見本市」の主役オリ金子は“本気モード”

公開日:  更新日:

 登板前日に口を開かないスタンスは、レギュラーシーズンさながら。おそらく、日本代表メンバーのだれよりも気合が入っているのが、きょう14日、日米野球第2戦に先発するオリックスの金子千尋(31)。13日はキャッチボールやダッシュなど軽めの調整で球場を後にした。

 なにしろ今回の日米野球にはメジャーの監督や選手をはじめ、フロント、スカウト、代理人などの関係者がこぞって来日。メジャー移籍がウワサされる選手を、ネット裏からじっくりチェックしようと目を皿のようにしている。

 ポスティングによるメジャー挑戦が認められないなら、他球団への移籍も辞さないとばかりにFA宣言した金子は、それこそ本気モード。今回の出来いかんで、自身の値段が変わる可能性もあるのだから、メジャー関係者の前でぶざまなピッチングはできないと血眼だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る