巨人の「キューバ補強」にひずみ生んだ原監督の“鶴の一声”

公開日: 更新日:

「育成」にせざるを得なかった。

 巨人は18日、中日を戦力外となった堂上剛裕外野手(29)と育成契約を結んだと発表した。会見に臨んだ堂上は「何とか支配下に這い上がりたい」と意気込んだ。「チャンスは与える」とした原監督は左の代打要員として期待しているが、それなりの実績を持つ29歳が育成契約。現段階で目玉補強がないにもかかわらず、支配下選手70人枠がもう迫ってきているための苦肉の策という。

 FAでヤクルトの相川、DeNAの金城の入団が決定的。中日をクビになった22歳の吉川も獲得した。球団関係者が言う。

「今年の補強は完全に原監督主導。FAで来年39歳になるベテランの相川、金城の2人、さらに全く実績のない吉川も支配下で取った。球団内には『吉川を育成にしておけば……』という声もある。ここまでは原監督の『鶴の一声』で決まった人事。まだ『軸』となる選手を取らないうちに、球団が当初から想定していた外国人補強にひずみが生じそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る