巨人の「キューバ補強」にひずみ生んだ原監督の“鶴の一声”

公開日:  更新日:

「育成」にせざるを得なかった。

 巨人は18日、中日を戦力外となった堂上剛裕外野手(29)と育成契約を結んだと発表した。会見に臨んだ堂上は「何とか支配下に這い上がりたい」と意気込んだ。「チャンスは与える」とした原監督は左の代打要員として期待しているが、それなりの実績を持つ29歳が育成契約。現段階で目玉補強がないにもかかわらず、支配下選手70人枠がもう迫ってきているための苦肉の策という。

 FAでヤクルトの相川、DeNAの金城の入団が決定的。中日をクビになった22歳の吉川も獲得した。球団関係者が言う。

「今年の補強は完全に原監督主導。FAで来年39歳になるベテランの相川、金城の2人、さらに全く実績のない吉川も支配下で取った。球団内には『吉川を育成にしておけば……』という声もある。ここまでは原監督の『鶴の一声』で決まった人事。まだ『軸』となる選手を取らないうちに、球団が当初から想定していた外国人補強にひずみが生じそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る