巨人の「キューバ補強」にひずみ生んだ原監督の“鶴の一声”

公開日:  更新日:

「育成」にせざるを得なかった。

 巨人は18日、中日を戦力外となった堂上剛裕外野手(29)と育成契約を結んだと発表した。会見に臨んだ堂上は「何とか支配下に這い上がりたい」と意気込んだ。「チャンスは与える」とした原監督は左の代打要員として期待しているが、それなりの実績を持つ29歳が育成契約。現段階で目玉補強がないにもかかわらず、支配下選手70人枠がもう迫ってきているための苦肉の策という。

 FAでヤクルトの相川、DeNAの金城の入団が決定的。中日をクビになった22歳の吉川も獲得した。球団関係者が言う。

「今年の補強は完全に原監督主導。FAで来年39歳になるベテランの相川、金城の2人、さらに全く実績のない吉川も支配下で取った。球団内には『吉川を育成にしておけば……』という声もある。ここまでは原監督の『鶴の一声』で決まった人事。まだ『軸』となる選手を取らないうちに、球団が当初から想定していた外国人補強にひずみが生じそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る