• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラ2、ドラ4も…巨人・原監督が「左腕」をかき集める理由

 絶対的セットアッパーの後釜に座れるか。

 巨人は30日、山下スカウト部長らがドラフト2位で指名した日大の戸根千明(22=石見智翠館)に指名挨拶を行った。

 フィリピン出身の母を持ち、173センチながら93キロの堂々たる体格。スリークオーターから繰り出す直球が最速148キロの左腕は「期待してもらっていると感じた。1年目から即戦力としてやっていかなきゃいけないという責任を感じた」と意気込んだ。

「左(投手)は貴重なんだよな」

 ドラフト前、こうつぶやいたのは原監督だった。今季の先発左腕は杉内が34歳、内海が32歳で全盛期を過ぎている。そして29日には山口鉄也(30)が都内の病院で左ヒジの治療を受けたと発表された。

 ヤンキースの田中と同じ治療法で、山口はシーズン中から左ヒジの痛みを訴えていたという。今季は自身のプロ野球記録を更新する7年連続60試合登板を果たしたものの、防御率は3.04と不安定だった。阪神に敗退したCSでも敗戦投手。今春のキャンプでは左肩を痛め、今度は左ヒジが悲鳴を上げた。勤続疲労を指摘する声もある。来春のキャンプには間に合う見込みだが、来季はフル回転できないとなれば緊急事態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事