ドラ2、ドラ4も…巨人・原監督が「左腕」をかき集める理由

公開日: 更新日:

 絶対的セットアッパーの後釜に座れるか。

 巨人は30日、山下スカウト部長らがドラフト2位で指名した日大の戸根千明(22=石見智翠館)に指名挨拶を行った。

 フィリピン出身の母を持ち、173センチながら93キロの堂々たる体格。スリークオーターから繰り出す直球が最速148キロの左腕は「期待してもらっていると感じた。1年目から即戦力としてやっていかなきゃいけないという責任を感じた」と意気込んだ。

「左(投手)は貴重なんだよな」

 ドラフト前、こうつぶやいたのは原監督だった。今季の先発左腕は杉内が34歳、内海が32歳で全盛期を過ぎている。そして29日には山口鉄也(30)が都内の病院で左ヒジの治療を受けたと発表された。

 ヤンキースの田中と同じ治療法で、山口はシーズン中から左ヒジの痛みを訴えていたという。今季は自身のプロ野球記録を更新する7年連続60試合登板を果たしたものの、防御率は3.04と不安定だった。阪神に敗退したCSでも敗戦投手。今春のキャンプでは左肩を痛め、今度は左ヒジが悲鳴を上げた。勤続疲労を指摘する声もある。来春のキャンプには間に合う見込みだが、来季はフル回転できないとなれば緊急事態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る