西村が先発転向 補強不発で巨人原監督が乱発する「配置転換」

公開日: 更新日:

 昨季のセーブ王、巨人の西村健太朗(29)が来季から先発に転向することが決まった。今季は不振から二軍落ちも経験。抑えから中継ぎに配置転換され、6セーブに終わっていた。

 某選手が「またチーム内トレードです」と言うように、確かにこのオフは配置転換が乱発されている。すでに先発の沢村が救援に転向することが決定。主に中継ぎだった来季4年目の江柄子は先発に挑戦する。

 野手もしかりだ。チームの大黒柱だった阿部は捕手を廃業し、一塁へ完全コンバート。今季、外野に転向したばかりの中井は再び三塁へ回り、高卒2年目の有望株、内野手の和田が「人生初」の捕手に挑戦中。CS4連敗で日本シリーズ進出を逃したことで「チームを改革する」としていた原監督がポジションを動かしまくっているのだ。球界関係者がこう言う。

「FA補強は相川と金城の来年39歳のベテランコンビ。どっちも主力というより、バックアップ的な役割でしょう。当初の構想ではオリックスのスーパーエースの金子や侍ジャパンでも正捕手を務める楽天の嶋といった球界を代表する選手がFA補強の目玉になるはずだった。それが調査段階で軒並み不発。メドが立ったとされる新外国人2人だって来てみなければ分からない投手。だから原監督は、ポジションや持ち場を積極的にシャッフルして、チームに新たな刺激を与えようと躍起になっている。補強が不発だったからこその苦肉の策にも見える」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る