イチローの“天敵”ジャイアンツのT・ハドソンが引退表明

公開日: 更新日:

 メジャーを代表する投手のひとりがユニホームを脱ぐ。ジャイアンツのベテラン右腕ティム・ハドソン(39)が来季を最後に引退すると明かした。18日(日本時間19日)、複数の米メディアが伝えている。15年まで残る契約を満了して現役生活にピリオドを打つという。

 来季でメジャー16年目を迎えるハドソンはアスレチックス時代の2000年に20勝(6敗)をマークし、ア・リーグ最多勝を獲得。99年にメジャーデビューしてから10年連続2桁勝利を挙げ、13年には200勝を達成した。

 今季は31試合に登板し、9勝13敗と負け越しながら、シーズンを通じてローテーションを守り、ジャイアンツの2年ぶりの世界一に貢献した。メジャー通算458試合で214勝124敗、防御率3.45。豊富な球種を武器に相手打者を翻弄するのが持ち味だ。

 01年にはマリナーズ時代のイチローが対戦した初の投手としても知られる。当時、安打製造機だったイチローをカモにしており、対戦成績は65打数14安打の打率2割1分5厘。全盛期のイチローの前に天敵として立ちはだかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る