イチローの“天敵”ジャイアンツのT・ハドソンが引退表明

公開日:  更新日:

 メジャーを代表する投手のひとりがユニホームを脱ぐ。ジャイアンツのベテラン右腕ティム・ハドソン(39)が来季を最後に引退すると明かした。18日(日本時間19日)、複数の米メディアが伝えている。15年まで残る契約を満了して現役生活にピリオドを打つという。

 来季でメジャー16年目を迎えるハドソンはアスレチックス時代の2000年に20勝(6敗)をマークし、ア・リーグ最多勝を獲得。99年にメジャーデビューしてから10年連続2桁勝利を挙げ、13年には200勝を達成した。

 今季は31試合に登板し、9勝13敗と負け越しながら、シーズンを通じてローテーションを守り、ジャイアンツの2年ぶりの世界一に貢献した。メジャー通算458試合で214勝124敗、防御率3.45。豊富な球種を武器に相手打者を翻弄するのが持ち味だ。

 01年にはマリナーズ時代のイチローが対戦した初の投手としても知られる。当時、安打製造機だったイチローをカモにしており、対戦成績は65打数14安打の打率2割1分5厘。全盛期のイチローの前に天敵として立ちはだかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る