日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

明らかになった理想的なドロー弾道の世界基準

 洋服を試着して購入するのと同じで、最近はゴルフクラブもショップや練習場で試打してから購入する人が増えてきた。

 加えて、試打する時に欠かせないアイテムになっているのが弾道計測器。これを使うことで、室内で試打しても飛距離や球筋を正確に計測できるし、試打したクラブが自分に合っているかどうか正確にジャッジできるようになった。

 さて、この弾道計測器。本来はボールの弾道を解析するために作られたが、最近はクラブの挙動もチェックできたりする。例えば、PGAツアーでもおなじみの「トラックマン」。これは、もともとは軍事用に使用されていたレーダー式弾道追尾システムで、ボール初速、スピン量、飛距離などを計測できる。加えて弾道データをもとに、ヘッドの軌道、インパクト時のフェース向きの数値も分かるらしい。

 トラックマンに詳しいアジアジュニアゴルフ協会代表理事の吉岡徹治さんによると、理想的なドローを打つ世界の一流どころは、インパクトの迎え方にも共通点がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事