鳥谷にアストロズ触手も位置付けは「内野の控え」「市場開拓」

公開日: 更新日:

 日米野球の開催中のことだ。来日メンバーに名を連ねたアストロズのある選手が日本の球界関係者を質問攻めにしていたという。

 阪神から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)に関してだ。アストロズは今年5月にケビン・ゴールドスタイン・プロスカウトが視察するなど、かねて鳥谷の調査を続けてきた。日本にスカウトが常駐していないため、日米野球でも自軍の選手に鳥谷の日本での評価や周辺調査をさせたようだ。帰国後も日本の知人にメールで鳥谷について問い合わせてきた選手もいたという。

 ジェフ・ルーノーGMが25日付の地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)で「今後は選手獲得のルートとして日本球界を重視しなければならない」と話したのは、鳥谷獲得を視野に入れてのものだろう。

■剛腕代理人でも好条件は望めない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る