鳥谷にアストロズ触手も位置付けは「内野の控え」「市場開拓」

公開日:  更新日:

 日米野球の開催中のことだ。来日メンバーに名を連ねたアストロズのある選手が日本の球界関係者を質問攻めにしていたという。

 阪神から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)に関してだ。アストロズは今年5月にケビン・ゴールドスタイン・プロスカウトが視察するなど、かねて鳥谷の調査を続けてきた。日本にスカウトが常駐していないため、日米野球でも自軍の選手に鳥谷の日本での評価や周辺調査をさせたようだ。帰国後も日本の知人にメールで鳥谷について問い合わせてきた選手もいたという。

 ジェフ・ルーノーGMが25日付の地元紙「ヒューストン・クロニクル」(電子版)で「今後は選手獲得のルートとして日本球界を重視しなければならない」と話したのは、鳥谷獲得を視野に入れてのものだろう。

■剛腕代理人でも好条件は望めない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る