小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

公開日:  更新日:

 10月23日のドラフト会議で横浜高校最後の教え子、浅間大基と高浜祐仁が、ともに日本ハムから指名を受けた。

 このチームには、先日のクライマックスシリーズでもスタメン出場した同校OBで高卒3年目の近藤健介がいる。「2人の面倒は見ますから安心してください」とすぐに電話があった。横浜の歴代の主将の中でも面倒見がいい男。その点は良かった。

 3位の浅間のウリは肩と足。瞬発力が特徴の選手だから、同校OBの多村(DeNA)のようになって欲しい。日本ハムは育成に定評がある。ドラフトで選手を獲得しても、チャンスが少ない球団も中にはあるから、その点でも日本ハムで良かったと思う。

 7位の高浜は社会人野球で鍛え直した方が良かったかとも思う。打者としても内野手としても課題が多い。外回りのドアスイングだから木製バットへの対応に時間がかかるだろう。今、褒められるのは肩くらい。頑固なところがあるから、プロでは素直にコーチのアドバイスを聞いて、一からやり直す謙虚さが欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る