巨人に“キューバ危機” グリエルはまさかの「兄弟セット販売」

公開日: 更新日:

 DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(30)の獲得を目指す巨人が困ったことになっている。キューバ側からさまざまな条件を突きつけられ、その中に「セット販売」があるという。中南米事情に詳しい球界関係者が明かす。

「巨人は今季、キューバの若い投手と一緒にコーチの派遣も受け入れた。キューバは誰かと『セット』という条件をよくつける。今回は『グリエルが欲しいなら、弟のユニエルキスも一緒に契約する』というもの。弟は22歳で190センチを超える大型遊撃手。一見、有望なようだけど、兄とは比べるまでもなく攻守で粗削り。キューバとしては弟の方を日本球界で経験を積ませたい思惑がある。もちろん、一定の試合数を出場させることも条件に含まれる。グリエル本人は三塁での固定起用を希望している。つまり、兄弟で三遊間を守らせろということなのです」

 巨人には厳しい条件といえる。ただでさえ三塁には村田がいるというのに、今度は遊撃もとなれば、こちらはチームの顔になりつつある坂本が控えている。巨人は兄を二塁で起用したいだけなのに、弟にまで「一定の試合数」など確約できるはずもなく、交渉は難航しそうな雲行きという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る