金銭トレード大歓迎 巨人「支配下枠」の犠牲になるのは捕手陣

公開日:  更新日:

 巨人が“セール”を行う。といってもリーグ優勝のセールでは、もちろんない。

 チームは現在、DeNAとの獲得合戦が佳境に入ったグリエルの結果待ち。仮に入団が決まり、契約保留選手名簿に名前がある同じキューバのセペダとメンドーサも残留すれば、支配下登録は68人にのぼる。キューバ側が希望する「グリエル弟も一緒に入団させる」との条件をのめば69人。他に米国で投手1人を調査中で、獲得なら70人の支配下枠は“満員御礼”だ。

“人減らし”の標的になるのは捕手陣。阿部は一塁へ転向するものの、FAで相川が入団。来季2年目の小林とで実質、正捕手の座を争うことになる。だからだろう。6人が在籍してダブつき気味の捕手を売り出したい意向が球団にあるという。中でも実松一成(33)と加藤健(33)の2人。ある球団関係者が声を潜めて言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る