ローマが24年大会立候補 やはり野球は東京五輪“限定復活”

公開日:  更新日:

 ローマが野球にトドメを刺すことになりかねない。15日、イタリアのレンツィ首相が24年夏季五輪の開催都市に首都ローマが立候補することを発表したからだ。

 20年五輪の招致こそユーロ危機で断念せざるを得なかったローマだが、今回はそうした財務上の問題をクリア。レンツィ首相は「政府と五輪委員会はプロジェクトを進める準備ができている」と自信満々だ。

 ローマの立候補に苦虫を噛み潰しているのが日本の野球関係者だろう。08年北京五輪を最後に除外された野球・ソフトボールは20年東京五輪で復活が濃厚といわれているものの、問題はその後だからだ。

 24年五輪に立候補の準備を進めている国はイタリアをはじめとしてドイツ、フランス、ハンガリー、トルコ、カタールなど欧州から東欧、中東にかけての国が多い。イタリアやフランスのようにプロ野球リーグが存在する国もあるとはいえ、メダルを狙えるほど盛んというわけではない。仮に開催が決まれば、野球場をゼロから建設しなくてはならない国もある。開催国特権で野球を採用することなどあり得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る