カブス和田にナ・リーグ中地区の強豪カージナルスが触手

公開日:  更新日:

 日本人左腕が一躍、トレードの目玉に浮上した。メジャー屈指の左腕ジョン・レスター(30)の加入で先発ローテーション入りが微妙になったカブス・和田毅(33)のことだ。

 すでにカブスはレスター、アリエッタ(28)の左右の両エースを中心にローテーションの4人目まで決定。エプスタイン球団社長は「レスターの他に左腕をもうひとりローテに加えたい」としており、来春のキャンプ、オープン戦では和田を含めた3人の左腕で残りの1枠を競わせる方針だ。

 和田はオープン戦で結果を残せなければリリーフに回るが、ここにきて同地区のライバルがベテラン左腕に興味を示している。

 4年連続でポストシーズン進出を果たしているカージナルスだ。ウェインライト(33)、ラッキー(36)を軸にしたカージナルスの先発陣で左腕はガルシア(28)のみ。ここ数年は左肩の故障に苦しみ、今季は7試合(3勝1敗)の登板に終わった。カージナルスは安定感に欠けるガルシアに代わる先発として和田に白羽の矢を立てたとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る