145キロでも打者詰まる カブス和田の「スモーキー投法」

公開日: 更新日:

 オールドルーキーが注目を集めている。左ひじ手術から復帰したカブス・和田毅(33)が投げるたびに評価を上げている。

 7月8日のレッズ戦で渡米3年目にしてメジャー初登板。持ち前の制球の良さとキレのある変化球で来季のメジャー生き残りをアピールしている。
 打者にとってボールの出どころが見えにくい「スモーキー・ピッチング」(けむに巻く投法)はメジャーでも重宝される。独特なひじの使い方で工夫を凝らしているため、対戦した打者は面食らっているという。

 メスを入れたひじの不安は完全に解消されたからだろう。直球の最速は145キロながら、しっかりと腕を振りぬいて投げるため初速と終速の差が少ない。それゆえ詰まらせて打ち取るケースが目立つ。
 180センチとメジャーの投手にしては小柄で、軟投派の和田がメジャーの打者と勝負できるのは長年の研究の成果に他ならない。

 和田は早大時代から動作解析の専門家の指導を受けて自分に合ったフォームを模索し続けてきた。「スモーキー・ピッチング」は体形などを総合的に分析して生みだしたもので、毎年のように足の踏み出しやリリースポイントを変えるなど改良を重ねているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」