145キロでも打者詰まる カブス和田の「スモーキー投法」

公開日: 更新日:

 オールドルーキーが注目を集めている。左ひじ手術から復帰したカブス・和田毅(33)が投げるたびに評価を上げている。

 7月8日のレッズ戦で渡米3年目にしてメジャー初登板。持ち前の制球の良さとキレのある変化球で来季のメジャー生き残りをアピールしている。
 打者にとってボールの出どころが見えにくい「スモーキー・ピッチング」(けむに巻く投法)はメジャーでも重宝される。独特なひじの使い方で工夫を凝らしているため、対戦した打者は面食らっているという。

 メスを入れたひじの不安は完全に解消されたからだろう。直球の最速は145キロながら、しっかりと腕を振りぬいて投げるため初速と終速の差が少ない。それゆえ詰まらせて打ち取るケースが目立つ。
 180センチとメジャーの投手にしては小柄で、軟投派の和田がメジャーの打者と勝負できるのは長年の研究の成果に他ならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る