カブス和田が4勝目 実は昨オフ、サイドスローも試していた

公開日: 更新日:

 カブスの和田毅(33)が24日(日本時間25日)のオリオールズ戦に登板し、6回3分の1を1安打1失点で4勝目(1敗)をマークした。七回の先頭打者に本塁打を許すまで無安打だった。

 その和田だが、今季復活するまでの道のりは、決して平坦ではなかったようだ。

 オリオールズに移籍した12年5月に左肘のトミー・ジョン手術(腱の再建手術)。翌年の5月にマイナーで実戦復帰しながら、メジャーでの登板がないまま2年契約を終えた。メジャー初マウンドを目指して昨オフは投球フォームの改良に着手した。

 和田をよく知る関係者によれば、フォームのマイナーチェンジにとどまらなかったそうだ。和田の特徴である打者にとってボールの出どころが見づらい「スモーキー・ピッチング」(けむに巻く投法)をやめ、オーソドックスなオーバースローを試すなど、一からフォームの見直しを図った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る