• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前助っ人の二の舞い…?楽天「新4番候補」サンチェスの気性

 大物、ではある。楽天が来季の新外国人選手として現役バリバリの大リーガーで元パイレーツのガビー・サンチェス内野手(31)の獲得を1年総額3億円で内定させた。

 日本での知名度は低いもののパイレーツでは今季までレギュラーを務め、メジャー7年間で通算61本塁打の右打者。パワーと確実性を持つ大砲は、「来季のチームの主軸」として期待されているが、その一方で懸念されていることもある。

 キューバ人の両親を持つ血統もあるのか、ハングリー精神旺盛なサンチェスは性格が荒い。三振を食らってバットを投げつけるのは日常茶飯事。マーリンズ時代には自軍投手のブラッシュボールをきっかけに、大乱闘を演出した。

 今オフ、楽天の指揮官に就任したデーブ大久保監督は熱血漢で有名。監督との相性は悪くなさそうだが、短気な性格の選手はメジャーの実績があっても緻密な日本の野球に合わないケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る