前助っ人の二の舞い…?楽天「新4番候補」サンチェスの気性

公開日:  更新日:

 大物、ではある。楽天が来季の新外国人選手として現役バリバリの大リーガーで元パイレーツのガビー・サンチェス内野手(31)の獲得を1年総額3億円で内定させた。

 日本での知名度は低いもののパイレーツでは今季までレギュラーを務め、メジャー7年間で通算61本塁打の右打者。パワーと確実性を持つ大砲は、「来季のチームの主軸」として期待されているが、その一方で懸念されていることもある。

 キューバ人の両親を持つ血統もあるのか、ハングリー精神旺盛なサンチェスは性格が荒い。三振を食らってバットを投げつけるのは日常茶飯事。マーリンズ時代には自軍投手のブラッシュボールをきっかけに、大乱闘を演出した。

 今オフ、楽天の指揮官に就任したデーブ大久保監督は熱血漢で有名。監督との相性は悪くなさそうだが、短気な性格の選手はメジャーの実績があっても緻密な日本の野球に合わないケースが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る