阪神戦で内野を5人に 巨人・原監督“奇策”で大敗の真相

公開日: 更新日:

「練習はしてないけど指示に従うしかないんで」

 これは巨人亀井の試合後のコメントだ。7月11日の阪神戦、六回に“事件”が起きた。4連打で2点を勝ち越され、なおも1死二、三塁。左打者の今成を迎えると、ベンチを颯爽と飛び出した原監督は、仰々しく手招きし、マウンドに外野手まで呼び寄せた。左翼の亀井を一、二塁間に置く内野手5人の変則シフトの指示だった。

 阪神ベンチもすぐに対応し、西岡を代打に起用。亀井は左翼に戻ったが、カウント2―2となると今度は三遊間へ。内野は再び5人態勢となった。中堅の松本哲を左中間、右翼の長野を右中間に守らせたものの、西岡の平凡な飛球は無人の中堅の定位置に弾んだ。試合を決定付ける2失点で試合も大敗。指揮官は「データという部分があった」と弁明したが、某コーチは後にこう話した。

「今成の打球が一、二塁間に集中しているというデータは確かにあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る