日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神戦で内野を5人に 巨人・原監督“奇策”で大敗の真相

「練習はしてないけど指示に従うしかないんで」

 これは巨人亀井の試合後のコメントだ。7月11日の阪神戦、六回に“事件”が起きた。4連打で2点を勝ち越され、なおも1死二、三塁。左打者の今成を迎えると、ベンチを颯爽と飛び出した原監督は、仰々しく手招きし、マウンドに外野手まで呼び寄せた。左翼の亀井を一、二塁間に置く内野手5人の変則シフトの指示だった。

 阪神ベンチもすぐに対応し、西岡を代打に起用。亀井は左翼に戻ったが、カウント2―2となると今度は三遊間へ。内野は再び5人態勢となった。中堅の松本哲を左中間、右翼の長野を右中間に守らせたものの、西岡の平凡な飛球は無人の中堅の定位置に弾んだ。試合を決定付ける2失点で試合も大敗。指揮官は「データという部分があった」と弁明したが、某コーチは後にこう話した。

「今成の打球が一、二塁間に集中しているというデータは確かにあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事