“人災”で記録がストップした巨人・坂本の連続試合出場

公開日: 更新日:

 東京ドームの記者席が3度、ざわめいた。

 5月1日の巨人ヤクルト戦。原監督がスタメンから坂本勇人(26)を外した。故障か!? 騒然とする中で進んだ試合の六回、その坂本が代走で出場したものだから、報道陣はまた驚いた。

 この時点で坂本は6年がかりで積み上げた、現役では阪神・鳥谷に次ぐ662試合連続出場の記録を継続していた。

 実に7年ぶりとなる代走起用は、せめて記録だけは続けさせようという原監督の親心――のはずだったが、これが3度目のざわめきにつながった。

 公認野球規則の規定により、代走のみの出場では連続試合出場記録としては認められず、坂本の記録は662試合で止まってしまったのだ。

 試合後、坂本が首痛を発症していたことが分かったものの、ある選手は「記録が途切れたのは、ルールを把握していなかったベンチによる人災でしょ。6年かけてやってきたものが、そんなことでゼロになるなんて……」と呆然。選手の士気に影響したのか、巨人はこの5月を13勝12敗で終え、14勝10敗だった4月の勢いがしぼんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る