試合時間を史上最長にしたメジャーの「チャレンジシステム」

公開日:  更新日:

 多くの選手の間で不評だったのが今季から導入されたメジャーリーグの「チャレンジシステム」(ビデオ判定)だ。

 ジャッジの正確性を目的に本塁打に加えてアウト、セーフの判定にも適用。際どい判定に対し、各球団の監督は積極的にチャレンジを要求。今季は実に1276回のチャレンジがあった。

 ジャッジが覆ったケースでは明らかな誤審も少なくなかったとはいえ、中には微妙なプレーもあった。開幕間もない4月13日のヤンキース戦ではレッドソックス・ファレル監督が判定が覆ったことに納得せず審判に猛抗議して退場処分。翌14日にはレンジャーズ・ワシントン監督が同様にベンチから退いた。両監督とも「ビデオに頼らなくても済むように完璧なジャッジを下してくれ」と口を揃えた。ジャッジの公平性、正確さを求めた結果、審判の権威は地に落ちたのだ。

 ちなみにチャレンジが乱用されたこともあり、今季の1試合の平均時間は3時間2分21秒と史上初めて大台に到達した。時短を目指すMLBにとってビデオ判定のスピードアップも課題のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る